産経商事株式会社

上席主任(2001年入社)

自ら歩み寄るコミュニケーションと笑顔と気持ちのこもったサービス

  • ● 所属:パチスロMAXⅡ
  • ● 性別:男性
  • ● 前職:営業職
    (海外商品取引業)

上席主任(2001年入社)

社員一人ひとりの思いやる気持ちが最高の笑顔を作り上げる

入社当時、指導してくれた先輩スタッフの年齢が私と近いことに驚きました。努力次第では若い人でも役職者として活躍できるよ!と背中を押されたのがきっかけで、仕事に対する自分なりの考えや姿勢を全面的にアピールし努力を重ねた結果、入社2年で目標としていたポジションに昇進することができました。そこからは仕事の内容や考え方に大きな変化が生まれ、変わり始めました。
私はこれまでに5店舗を異動してきました。言わば転勤族です。しかしこの転勤があったからこそ今の自分があるとも言えます。どの店舗へ行っても通用するスキルを身に着けられたことは、仕事をする上での喜びや達成感でもあり、そして何より自分自身の財産となり更には自信に繋がります。

私がスタッフ指導で最も心掛けているのは「伝える」ということです。人に何かを伝えることは簡単なようで本当は難しいものです。人それぞれ価値観やとらえ方が違うので、ただ伝えただけでは自己満足にしか過ぎません。きちんと理解できたか?話の内容は伝わったか?を後から確かめることで、スタッフ全員に誤解無く確実に理解してもらえるのです。一つの目標に向かって進むときは、必ず全員が意味合いを理解した上で取り組む姿勢が必要です。そこまで歩み寄ることで信頼関係やチームワーク力が増し、より良い環境が生まれます。また一人ひとりの個性を活かすためスタッフを型にはめることなく、伸び伸びと仕事をしてもらっています。楽しく仕事ができるということは、笑顔の数も増えると言うことです。そんなスタッフやお店の環境に、自然と吸い込まれるような空間を大切にしています。
 

業界未経験の私が惹かれた産経商事の魅力

業界未経験でパチンコも遊んだことがなく、「確率変動」という言葉すら聞いたことがなかった私が、産経商事に入社し早15年が経ちました。異業種から転職した私にとって入社当時は仕事内容の違いに戸惑いの日々でした。しかし未経験だからこそ学べる楽しさや喜びがありました。

入社して間もなく前職場との違いに気付いたことが2つほどあります。当社は「人との繋がり」を大切にしている会社だということ。常に相手の立場になって考え、そして自ら歩み寄ることでコミュニケーションを欠かさない。それを最大限に活かした当社ならではの、お客様に対する親切・丁寧な接客サービスが地域社会に広まりつづけ、今なお高い支持を頂き、当社が50年以上愛され続けている何よりの証だと思っています。
もう1つは、素直な心を持つ社員が多いという印象を受けたこと。常に相手に対して目を配り気遣いをする。これが自然とできてしまうので、お客様に笑顔と気持ちのこもったサービスを提供する基礎が身についていて、これが地域密着型店舗の人気だとわかりました。そんな産経商事の環境に溶け込みすぎて、時に羽目を外してしまうこともあるくらい、明るく楽しい職場です。また、教育方針や福利厚生などしっかりと行き届いていることも魅力の一つです。
私は、現在も仕事にやりがいを感じ、楽しく日々の業務に奮闘しています。

Preview Next
会社を知る 産経商事の仕事内容や研修や支援など各種制度、福利厚生について 社員を知る 人間的魅力を持つ先輩や同僚に、たくさん出会えます。
採用について 産経商事が求める人材像から、具体的な情報までエントリーに必要な情報です。 エントリー 産経商事で働きたい!そんなあなたからのエントリーをお待ちしています。
採用トップへ 戻る

産経商事株式会社は遊技場経営を通じ、お客様はもちろん社員一人ひとりを幸せにし、社会に貢献することを目指す企業です。